通信室

アルコール依存症からの回復 第11話

2022.06.22

<私は、こうしてアルコール依存症から回復した>

 

ケース⓶男性 Bさん

 

最終章~これからの課題と同じ病気の仲間へのメッセージ

 

飲まない事を続ける事が課題。あまり先を考えるときつくなってしまうが、養育費の責任がある子どもが18歳になる時までは絶対に飲まないようにしたい。とりあえず、1日1日飲まないようにしていきたい。

今は休職中で次のステップは仕事に戻った時。いずれは酒席に参加しないといけない状況が来るかもしれない。その時にウーロン茶で乗り切れるようになりたいと思う。

仕事と関係ないところでは、バイクをメンテナンスして、せめて九州1周。できれば日本1周旅行をしたい。

 

お酒に関して気になっている人はたくさんいると思う、自分の場合は手が震えて異変に気がついたが病気とは思っていなかった。少しでも気になる事があったら、病院を受診するとか、ミーティングに出るとかしてほしい。ミーティングで話を聴くことで気づくこと、わかることもあると思う。

あとは正直になることが大事だと思う。先生とかスタッフには自分が飲んでいた正確なお酒の量とか、何をしたとか話したくないこともあると思う。まずはミーティングで正直に話してみてほしいし、正直になると楽になっていくと思う。

 

[ARPスタッフのコメント]

現在でもミーティング中はテーマや印象に残る発言などをしっかりメモされ、一つでも多く吸収されようと真剣に取り組まれています。やめていくきつさも語られていますが、話には明るさとユーモアがあり、他の参加メンバーもBさんの姿や謙虚さ、語られる言葉に希望や前向きさをもらえているのだろうと思います。

最後に、インタビューの際に当事者しかわからない視点でのアドバイスをしていただき、勉強になりました。また掲載を快く承諾して頂き本当にありがとうございました。