うつ病

いろいろな心の病

うつ病

うつ病とは、こころと身体の調子が悪く、日常生活に支障をきたす病気です。「眠れない」「食欲がわかない」「何をしても気分が晴れない」といったことが続いている場合、うつ病の可能性もあります。
うつ病になると「物事全てがうまくいかない」「さらに悪い方向にいくだろう」といった否定的・悲観的な考えが強まりやすくなります。私たちは嫌なことがあって落ち込んでも、気持ちを切り替えて生活しているわけですが、うつ病になると気持ちの切り替えがうまくできず、「こんな自分はダメだ」とますます否定的に考え悪循環に陥りやすくなってしまいます。
こんなことありませんか?
~ うつの兆候セルフチェック ~
  • ■ 一日中、気分が重い
  • ■ 疲れているのに眠れない
  • ■ 何をしても気分が晴れない
  • ■ 何に対しても興味がわかない
  • ■ 食欲がない
  • ■ 自分には価値がないと感じる
  • ■ 考えがまとまらない
  • ■ 死んでしまいたいと考える
また家族をはじめ、友人や職場の同僚など、周囲が気づくことができる兆候もあります。「最近いつも表情が暗い」「会話をしていても反応が遅い、乏しい」など、関わりにおいて「いつもと違うな?」と感じられるときには、声をかけてあげられるとよいでしょう。勘違いや気のせいならばそれでよいことですし、「うつ」が疑われるときには専門家への相談を勧めていただければと思います。
周りの人にこんな様子はありませんか?
周りの人にこんな様子はありませんか?
  • ■ 表情に活気がなくなる
  • ■ 身だしなみに無頓着になる
  • ■ 判断や反応が遅い
  • ■ ミスや忘れ物が多くなる
  • ■ 落ち着きがなくなる
  • ■ ぼーっとしていることが多い
  • ■ 口数が少なくなる
  • ■ 感傷的で涙もろくなる